人間学の同人誌『Becoming』

生成の人間学の探求 『Becoming』年2回(春/秋)発行 同人代表:作田啓一 制作:BC出版

第 2号(1998.9) 品切れ

第 2号(1998.9) 品切れ

内容紹介
フェリーニの『道』 作田啓一
ジェルソミーナの無辜(innocence)について。(400字×10枚程度)
過程としての狂気 村澤真保呂
ベルクソン-ドゥルーズに従い、一般に狂気とみなされているものが実は正気であることを明らかにする。(400字×50枚程度)
ノスタルジーの概念 藤井奈津子
どこにも存在しないところへ向かう郷愁。レヴィナス-ベルクソン-ジャンケレヴィッチ。(400字×40枚程度)
フロイト-ラカンによる昇華概念の検討 作田啓一
欲動の運動の終局に現実的他者(母)が象徴的父のもとへ到来する。(400字×60枚程度)

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>